(*1)「六星占術」は、細木数子先生が考案された占いであり、細木先生の登録商標です。2018年の占いの解説サイト「2018年占い.jp」は、細木先生によって確立された占いカテゴリーである「六星占術」の理論を2018年の運勢に当てはめ、独自の視点から解説します。
(*2) 2018年の占いの解説サイト「2018年占い.jp」は、占いについての理論を2018年の運勢に当てはめ一般的な解説するものであり、サイト利用者の皆様について個別に占った結果を提供するものではありません。ご自分の運勢を占ってもらうことを希望される方は、細木先生のウェブサイトなどをご覧ください。

「総合運」

2018年の金星人マイナスの方の運勢を見ていきましょう。

いよいよ大殺界3年目の最後の年の減退に入りました。この過去2年間最悪な気分を味わった人お多いのではないでしょうか。大殺界の魔力に飲み込まれて、仕事は当然のとことして、プライベートでもかなり苦しい思いをした人も多かったのではないでしょうか。

いよいよ大殺界ラストの年なので、かろうじて、どん底から抜け出したと言ってもいいかもしれません。昨年よりも多少は状況が回復して、気持ち的にも少し余裕が出てくる人も多いのではないでしょうか。そして、この一年を乗り越えればいよいよこの大殺界から完全に抜け出せることができる。ぜひそのことを励みに、残り一年頑張って見てください。

運気の悪い時期というのはどうしてもジタバタしてしまったり、気持ち的にダメージを受けることも多いものです。それは人として仕方のないことかもしれません。しかし、運が悪い時期があるからこそ、自分を振り返ることができたり、苦しい状況でも乗り越えて行く底力を身につけることができたりもします。

つまり悪い時期だからと言って悪いことばかりではないのです。この過去2年間から続く大殺界でいろんな思いをされたことでしょう。しかし、その経験一つ一つは決して無駄なものではありません。むしろ来年から始まる新しい運勢のサイクルの一つの土台となるのです。

その気持ちを持って、この2018年。大殺界のラスト一年を過ごしていただければと思います。もともと行動力が抜群の金星人。気持ちに余裕が出てくると、様々なことにチャレンジしたくなったり、環境を変えたくなるという特性があります。しかし、実際に動き出すのは来年以降の方がいいですね。

ちなみに来年の運勢は種子と言って、新しいことを始めるのに一番適した時期に入ります。ですから、2018年はまだ準備段階と捉えて、実際のスタートは2018年以降にするようにしましょう。特に結婚や独立起業、転職など人生に関わる大きな決断は、来年以降に伸ばしておく方が得策です

。最後の年とはいえ、まだ大殺界の時期であることは変わりないので無理をするのはお勧めしません。また、ちょっとした油断も大敵ですね。この2018年は不運の渦にどんどん巻き込まれてしまう可能性もあるので、軽はずみは行動は厳禁。トラブルを自分から招かないように注意をしましょう。

繰り返しになりますが、来年以降はトラブルも落ち着き、運気も上昇していきます。この2018年はじっくりその時を待つ、力を貯めることに集中して見てください。

「金運」

2018年の金星人マイナスの方の金運を見ていきましょう。

2018年は大殺界の最後の一年減退です。元々はお金に悩むことが少ないのが金星人のいいところではあるのですが、まだ大殺界の中にいるので、多少お金に対してルーズにな流可能性があります。自分としてはあまり使った覚えのないことにお金を使ってしまったり、いつのまにか貯金まで手を伸ばしてしまう可能性もあります。

収支をしっかり管理をしておかないと年末までに大変な思いをすることもありそうなので、ぜひ注意をしてください。

また2018年は臨時収入も期待できません。かといって、消費者金融に手を染めるのも絶対に行けません。イザイという時に困らないように、手元のお金を大切にしつつ、計画的にお金を使うようにして見てください。また、同様に2018年はギャンブルに手を出すというのも危険です。まず勝つことはできないでしょう。

むしろ躍起になって気がついた頃には考えられないくらいのお金をつぎ込んでしまう可能性があります。2018年はまだ大殺界なので、ストレスが溜まりやすく、中にはお金を使うことでストレスを発散しようとする人も出てくるのですが、ギャンブルは厳禁です。

それよりも、リラクジェーションに行くとか、温泉施設に行って体を癒すとか、もっと現実的な方法でストレス発散をするようにして見てください。ローンを組むことも行けません。大きな買い物はぜひ控えるようにしましょう。また、一番注意が必要なのは。交際費。

楽しいことにパーっとお金を使ってしまう傾向が強い金星人。その傾向が悪い形で現れ、2018年は何軒もハシゴしたり、どんどんお金を使ってしまう傾向があります。歯止めが効かなくなる可能性もあるので、2次回以降は行かない方が賢明かもしれませんね。

「仕事運」

2018年の金星人マイナスの方の仕事運を見ていきましょう。

大殺界3年目の減退。多少なりとも運気は回復してくるものの、まだ絶好調とは言い難い時期にいらっしゃいます。

特にやる気がまずダウンしてきますので、判断力が鈍ってくることが予想されます。また、ちょっとした不注意や気の緩みから大きなトラブルを引き起こしてしまう可能性もあります。ここは十分な注意が必要になってきます。大殺界の時期というのは頑張っても頑張ってもそれが報われないのが特徴です。

むしろ頑張りすぎというのが一番行けないことで、結果が出ない時期に躍起になったところで疲弊してしまうだけなのです。とにかくできる限りじっとしている、あまり目立たないようにするのが得策。これは金星人の人にとっては苦しいことかもしれません。

もともと目立つことが大好き、そして、積極的な行動をとっていきたいという気持ちを根っこに持っているのが金星人の特徴。これは良いことではあるのですが、特にこの大殺界では、この作用が逆に作用してしまいます。つまり、良き側面が悪い形として表現されてしまうのです。するとせっかくの明るい性格も影を潜め、表情も浮かない毎日になってしまいます。

そういう時はじっとしていて、波肌を立てないことがいちばんの処方箋になるのです。当然のことですが独立起業や転職もオススメはしません。もちろん、来年以降種子というスタートを切るに素晴らしい時期に入るので、準備をしておくのは良いことです。

情報収集をした、いろんな人に会って方向性を確認するということはぜひやっておくべきです。しかし、いざ実行に移すのは2018年以降。今はまだ動くべき時ではないことを覚えておいてください。もしかしたらこれをお読みいただいて気分が暗くなってしまった方もいるかもしれませんね。

しかし、辛く続いた大殺界も、残り1年なのです。来年からはガラリと運勢が変わり、上昇運に入っていけるのです。そのことを頭に入れて、ぜひ前向きに過ごしてください。あと一年の辛抱です。

「恋愛運」

2018年の金星人マイナスの方の恋愛運です。

運勢大殺界最後との年の陰影です。まだまだ運勢が回復していないので、恋愛の面でも苦しい思いをするかもしれません。

むしろ来年以降の新しい運勢に向けて、ここで悲しい別れがあったり辛い思いをする人もいるかもしれません。そういう意味では一見恋愛運は最悪ということが言えるかもしれません。しかしこれは前向きに捉えるようにしてください。

繰り返しですが、2018年以降はようやく好調運が3年か続くいい時期に入っていきます。たとえこの大殺界で恋愛で辛い思いをしたり、また、辛い別れを経験したとしても、来年以降新しい恋の芽が出てくる可能性は十分あるのです。それを励みにこの2018年を過ごすように意識をして見てください。

ポイントはストレスのかかりやすい時期ですから、できる限り一人の時間を大切にすることです。大殺界の時というのは行動的になってもあまり結果が出ないので、それよりも、自分自身を見つめて、今後どうするか作戦を練る方が時期の過ごし方としてはあっています。これは恋愛に関しても同じなのです。

適齢期の人にとっては、今すぐにでも結果が欲しいところかもしれませんが、ぜひ焦らずに来年を待ちましょう。そちらの方がより素敵な人と、幸せな時間を過ごせる可能性が高まってくるのです。

金星人